BusiNest

COURSE
コース紹介

支援機関等コース

中小企業大学校東京校内にて運営しています創業・新事業支援施設BusiNest(ビジネスト)では、「支援機関等コース」利用者について、随時お申込みを受け付けております。
「支援機関等コース」は、支援機関や支援者(以下「支援機関等」と略す。)等が経営支援している中小企業等へBusiNestと支援機関等が連携しながら様々な支援サービスを提供するコースです。募集内容の詳細については、下記をご覧ください。

募集要項

支援区分 創業・新事業創出支援
対象者 次の①~④のいずれかに該当し、かつBusiNestと支援連携する者であって、公序良俗に反しない事業に取り組んでいる者

  1. 中小企業等への経営支援をしている地域支援機関や金融機関
  2. 中小企業診断士、そのグループ、及び中間支援組織
  3. 経営革新等支援機関
  4. 大学等の教育機関
利用期間 1年間(何度でも更新可)
基本利用料
(税込み)
BusiNestとの支援連携の内容や、BusiNest運営への関与度合いを勘案の上、別途中小機構が決定します。
(無料~20,000円/月)
支援の目的 支援機関への連携機会、BusiNest支援コンテンツの提供
支援の内容
支援連携の内容
  1. 支援機関や金融機関等が経営支援している中小企業等へ、コーチによる伴走支援(OJT)とOFFJTの両面で支援を行います。
  2. 中小企業診断士、そのグループ、及び中間支援組織等と連携して、多摩地域における中小企業等への経営支援やコミュニティ支援を行います。
  3. 大学等の教育機関等と連携して、学生等への起業家育成教育への支援を行います。
利用メリット
  • ビジネスコーチを配置し、ビジネスプラン作成や新規事業立ち上げなどに関する「事業スキームづくり支援」が受けられます。
  • デザインコーチを配置し、販売促進ツールやPR資料作成に関する「ビジュアル支援」が受けられます。
  • 支援機関等の支援活動スペース、支援先企業等の活動スペース、会議室、及びセミナールームを利用できます。
  • 支援連携の企画の段階から相談に応じます。

※支援とは、支援先企業等の事業活動を代行することではありません。

支援連携の事例
  • 地方の中小企業支援機関と連携して、支援機関の支援先企業へ、首都圏販路開拓支援や、東京における営業活動スペースの提供を実施。
  • 多摩地域の中小企業診断士グループと連携して、多摩地域の中小企業へ経営支援(個別窓口相談)を実施。
  • 多摩地域の中間支援組織と連携して、コミュニティビジネスに関する各種講座やイベントを実施。
  • 大学と連携して、学生向けの起業家養成講座や起業相談会の開催、及び起業準備活動スペースの提供を実施。

添付資料ダウンロード

問い合わせ/申込み先

担当 BusiNest(ビジネスト) 堀江(ほりえ)・相地(あいち)・藤間(ふじま)
住所 〒207-8515 東京都東大和市桜が丘2-137-5 中小企業大学校東京校東大和寮3階 BusiNest
TEL 042-565-1195
FAX 042-565-1205
E-mail businest[at]smrj.go.jp
※迷惑メール対策の為、アドレスの@は[at]と変えてあります。